歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 歌の上達に必要な腹式呼吸とは

歌の上達に必要な腹式呼吸とは

カラオケが上手くなりたいなら腹式呼吸を練習すると良いとよく聞きますが、そもそも腹式呼吸とはどういったものなのでしょうか。カラオケでの腹式呼吸の役割は腹式呼吸で溜めた息を、一気に吐き出さずに声と共に流すし、発声へとつながるので、腹式呼吸は重要ともいわれています。声量アップ、音域を広げるためにも腹式呼吸を覚えておきたいものです。

では腹式呼吸を覚えるには、どうしたらいいのでしょう。腹式呼吸を覚えることは難しいと思いの人も多いと思いますが、慣れれば意外と簡単にできるようになります。腹式呼吸は、お腹で息をしている事が分かる様に上下します。鼻から息を吸った時にはお腹が膨らみ、口から息をはいた時にはお腹が縮みます。このような事を意識して息をするだけでも、腹式呼吸の訓練になります。

腹式呼吸を練習するには、まずお腹に手を当てます。そして鼻から息をゆっくり吸います。この時お腹が膨らんでいる事を確認します。その後、口からゆっくり息をはきます。この時はお腹がへこんでいく事を確認します。これを1日数回、毎日継続して行うようにします。繰り返し行う事で声量が出るようにもなりますので、歌の上達が実感できるようになるまで頑張りましょう。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。