歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 歌詞を見ずにカラオケを上達させる方法

歌詞を見ずにカラオケを上達させる方法

通常、カラオケで歌う時に歌詞を見ながら歌うと思いますが、今回はその歌詞を見ずに歌うという方法で、カラオケに行ってみましょう。そもそも歌詞とは、歌い手の心情を形にしたものともいわれます。そのため、ライブやコンサートなどで、ファンが感動するのは、歌い手の心情が伝わっていることからもいえます。よく、「魂の叫び」という言葉は聞きますが、これこそが歌い手にとっての、心情ともいえる形の一つです。

ここで心情という言葉がよく出てきましたが、この心情は私たちのカラオケ上達にとっても大事なものです。例えば歌う時、歌詞をずっと読みながら歌っていると、歌詞を見ることに集中し、ただ歌っているだけで、相手にひまひとつ伝わっていいないことがあります。それどころか棒読みみたいに聞こえ、音痴だなぁと思わせる場合もあります。

とはいえ、歌詞を全く見ずに歌えることができるのも、数が限られると思います。そのため、画面の歌詞のサポートはある程度必要にはなります。そこで、画面上の歌詞表示がぱっと切り替わった瞬間に画面をチラ見します。そのタイミングで、1画面分の歌詞を思い出します。これは歌詞のまとまりを覚えることにとても効率が良い方法のひとつでもあります。普段何気なく歌を口ずさんでいるときなどに、歌詞を見ることはありませんよね。つまり、歌詞のまとまりを覚え歌い続けることで、自然と歌を覚えるようになります。

歌詞は読むものでなく、想いをのせるものなので、歌詞を覚えることによって、よりカラオケ楽しむことができるようになります。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。