歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > ロングトーンの練習方法

ロングトーンの練習方法

歌の上達の練習方法の一つに、ロングトーンがあります。ロングトーンとは一定の声量で安定した音程を持続的に出すことをいいます。ロングトーンができることによって、歌の表現力の幅が一段と広がるため、歌の上達にはかかせない練習方法でもあります。

しかしロングトーンを行うには腹式呼吸が必要となります。ロングトーンのために腹式呼吸が必要といっても良いほど、腹式呼吸は大切です。そのため、ロングトーンには、歌の総合的な要さが詰まっているトレーニング方となります。

【ロングトーンの練習方法】
1・全身の力を抜いて、正しい姿勢で直立します。肩幅より少し足を開いてもいいでしょう。
2・呼吸を開始します。
3・空気が身体に入ってくる瞬間、スーっという音が出ないように注意しながら行います。
4・呼吸中は肩の位置が上下しないよう、一定の高さを維持します。
5・お腹が膨らみ、おへその下あたりに力が集中してきたら、口を大きく開けます。
6・このとき、まだ発生はせず、声を出す前に口を開きます。
7・舌を下アゴにのせるように前方に出します。

※ここまでの流れが喉の奥を開き、緊張感が取れます。

8・発生の開始は、立ち上がりのいい声を目指します。
9・少しずつ音量を上げていくのではなく、開始から声のボリュームを完成させます。
10・ピッチの安定を注意しながら、一定音量で声を持続させます。
11・自然に声が途切れるまで、リラックスして発生を続けます。
12・無理に声を絞り出すイメージでなく、横隔膜が下がるイメージを持ちます。
13・声が途切れたら、再び呼吸を開始します。

※横隔膜が下がるイメージを持つことで、自然体の腹式呼吸ができます。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。