歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 喉を広げる発生練習方法

喉を広げる発生練習方法

歌の練習における発生とは?のページにて、発生の必要性について解説していきましたが、ここではその発生を身につける方法を紹介していきます。

まず、口を大きく開けます。すると、不思議なことに顔全体の筋肉が伸びていることがわかります。さらに額から頭のてっぺんまでも筋肉が伸びていきます。そこで、試しに声を出してみると、背筋が自然に伸び、腹筋や腰周りの筋肉にも力が入り、緊張することがわかります。つまり、発生練習によって、歌を歌うための全身の筋肉が鍛えられることになります。逆に言えば、この筋肉を鍛えなないと、歌の発生にはならないので、注意が必要です。

【喉の奥を広げる方法
歌う時には、常に空気の出し入れをスムーズに行うとこが重要です。そのため口を開けるだけではなく、喉の奥を広げるイメージを持つようにします。このイメージを具体的に表すと、口を大きく開けると同時に下あごの上に舌をのせるような感じで舌を出します。この時、喉の奥が自然に開いてることがわかるはずです。このことを自分自身で、自覚することが大切です。

【喉が開く方法】
喉が開く状態とは、声帯が下がっていることを意味します。歌う場合に、この声帯がさがっていることが、理想の状態になります。声帯を下げる方法はまず、声を出すのではなく、まず、口を大きく広げ、下あごに舌をのせるように出します。その後、喉を広げると声帯が下がっている状態になるので、これを繰り返し練習します。この方法は声帯が下がるのと同時に、腰が伸びるようにもなるため、より理想的に歌う姿勢を作ることができます。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。