歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 音痴の種類について

音痴の種類について

歌を上達することにあたってまず大事なのは、音痴にも色々な種類があることです。闇雲に歌の練習をしていても、うまくいかない事も・・・そのため、少しでも効率良く練習するためにも、まずは自分自身の音痴の種類を知っておくことは大切な事です。

1・運動性による音痴
運動性による音痴とは、声帯の動きが自分の意思とはうらはらに、正確な音程を出すことができないタイプのことです。しかし、運動性による音痴の場合、音程が合っていないことを自覚をしています。そのため、ボイストレーニングを続けることにより、声帯のコントロールを身につければ音痴の克服につなげることが可能です。

2・感受性による音痴
感受性による音痴とは、聴覚で音程を正確に把握できないタイプのことです。このタイプの場合、運動性による音痴と違い、克服することが困難なケースとなります。あまり感受性による音痴タイプはいないとも言われていますが、もし自信がこのケースの場合、音痴の克服は困難な道のりになると考えておいたほうがよいです。

この他にも、緊張により普段は歌えても、人前だとうまく歌えないなどの精神的状況によって、音痴となる場合もあるため、歌の練習を行う前に、自分がどのタイプで、どのような性格なのかを把握しておくと、練習上達の近道につなげることができます。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。