歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 声量がアップする練習方法

声量がアップする練習方法

歌唱力向上の一つに「声量」があります。この「声量」とは声の大きさと太さを合わせたものです。いくら声が大きくても、喉で張り上げるような声では力強さがなく、また、声が太くても、遠くまで届かなけらば迫力がありません。大きくて太い声とは、遠くまで響く力強い声のことです。そのため、歌の上達に「声量」は必要なもののひとつでもあります。

では声量を上げる練習方法についてですが、まず、50m先ぐらいに人がいるイメージを想像します。そこで、50m先の人に届くくらいの大声を歌います。このような遠くの人に聴こえるように意識して歌うことが、声量アップへの基本となります。しかし、ここで注意してもらいたいのが、喉からなり立てるような声を出さないことです。このように歌うと、喉が潰れる恐れがあるからです。喉に負担をかけずに、腹式呼吸でう声に太さを加えた上で、遠くて飛ばすことを意識することが大切です。

しかし実際にカラオケルームで50mも先をイメージして、歌うのは難しいと思います。そのため、カラオケルームで練習する方法の一つに、部屋の隅に立ち、そこから一番遠い天井を見据えます。そして、天井目がけて声を飛ばすような意識で歌います。このように、声量アップを目指すには、発声の距離感を身につけて遠くへ飛ばす意識を持つことが大事です。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。