歌が上手くなる方法&カラオケ上達方法サイト > 低音を出す練習方法

低音を出す練習方法

高音が出なくて悩んでいる人がいるように、自分の声が高過ぎて低音が出ないと悩んでいる人もいます。しかし、低音の練習方法は意外と紹介されていないことが多いです。その傾向として、最近のアーティストの曲は、高音の曲が多く、高音を重視することが多いケースがあります。そのため、低音が重視されない場合がありますが、低音に低音の魅力があるため、低音が出せることによって、歌のレパートリーが増えることにも繋がります。

低音の練習法として、ペットボトルの蓋を利用したトレーニング方法があります。まず、画鋲でペットボトルのふたの表面に、3箇所しっかりと穴を開けます。そして口に栓をするように、唇でくわえます。そのまま、ふたを響かせるように「アー」と声を出します。

この時、声を出したとき、口の中が縦に開き、自然に舌が下がっているのがわかるはずです。この舌が下がった状態が低音を出すポイントです。舌を下げることで、声帯がほどよく緩み、リラックスして響く低音が出るようになります。また、穴から息を抜くようにして強めに声を出すことにより、太い声になります。

うまくふたが振動しない場合は、声をまっすぐ出すよう意識し、ふたの表面を指で触りながらちゃんと震えているか確認しながら練習しましょう。


注目の歌&カラオケ上達方法・アイテムについて

AAA社画像

自宅で簡単なトレーニングを行うだけで、 音痴を克服できる秘密を公開しています。この上達方法を実践いただければより簡単に音痴は治ります。